所変われば品変わる!?

2015/03/19 うなぎの話 by Unayoshi


うなよしファンの皆さま こんにちは

毎度、当店をご贔屓くださいまして誠にありがとうございます。

3月もお彼岸の時期を迎え、少しずつですが春の足音が近づいて参りました。

皆さまは、お元気にお過ごしでしょうか。

ウチの家族なんかは、この時期恒例の花粉症ってやつで、だいぶ目と鼻が

ヤラレております。ツライけどこの時期は仕方ないっすね。

一説によれば、ハゲとアレルギーは直らないそうです。。。。やっぱり。。

話はかわって

今年は、当店や私自身の更なるスキルアップの一環として、私たち共水

グループのお店をはじめとして、気になるうなぎ屋さんを時間のあるとき

食べ歩きをしてみようと思いまして、すでに今年に入って何件かお邪魔させて

もらいました。

名古屋の味波豊国店さんでは、共水うなぎを使ったひつまぶしを頂きました。

一杯目はそのまま、2杯目は薬味を添えて、3杯目はお茶漬けで。

中京地方独特の濃い甘さが特徴のタレ、地焼きとの相性はとっても良好でした。

埼玉、岩槻の小島家さん、歴史は古く旧街道沿いに3件立ち並ぶうなぎ屋さん

の内の1件。

ここでは、じっくり蒸した関東流の蒲焼、江戸前とは少し趣が異なり、

焼き色も照り具合も絶妙な色合い。

二階の個室は落ち着いた雰囲気を醸しだし、より一層おいしくいただくことが

出来ました。

目で味わう。。良い経験でした。

神奈川の茅ヶ崎うな一さん、ここでも共水うなぎのうな重を頂きました。

ここは江戸前に近い感じのすっきりとした焼き上がりにやや辛口のタレ。

上品な吸い物、漬物がうな重の味わいを向上させます。

三位一体。。。基本ですね。

コスパも非常に優れていると感じました。

うな一さんから帰路甲府へと思ったのですが、気になったお店が町田に

あったので、寄り道しました。

東京、小田急町田駅、小田急百貨店9階のレストラン街

町田双葉さん、ここでも共水うなぎのうな重を頂きました。

ここでは、メニューの幅がとても広く感じました。やはり、デパート

なので、小さなお子様から年輩の方までカバーできるメニュー構成。

勉強になります。

タレはすっきりとした甘口で、筏に焼きあがった共水うなぎ。

職人の粋を感じました。この店では岡山のシャコうなぎも扱っています。

機会があればどんなうなぎか食べてみたいと思いました。

 

各店の皆さん、同じように共水うなぎを扱っているのですが、

本当にその味わいは様々です。

また、目から入る味わい趣も大切なアイテムであると感じました。

女将さんや、ホールスタッフの明るい雰囲気が大切なことも食欲を

掻き立てる大事な要素であると改めて勉強になりました。

いくら美味しいうな重でも、不合いそうに出されたらそりゃ食欲も

半減しますよね。。

 

これらお店巡りが、店の発展に寄与出来ればと思っています。

 

さて、

年度末、なにかと多忙な皆さまでしょうが、ここ一番のスタミナ補給には

うな重がピッタリ。

頑張った家族や自分へのご褒美に

当店のうな重をご愛顧賜りますようスタッフ一同

こころよりお待ち申し上げております。

 

それでは また

 

 


タグ: 

コメントを行う


国産厳選うなぎにこだわった蒲焼きの店うなよし 山梨県甲斐市 かばやきネット