京都にて第11回共水会が開催されました

2014/11/20 雑記帳 by Unayoshi

うなよしファンの皆さまこんにちは

ここ数日はすっかり冷え込んできました。初冬になりつつあるこのごろ

皆さまはお元気にお過ごしでしょうか。

今日は京都で開催された共水会のお話し。

共水会は、年に一度共水うなぎの使い手が集まって、開催店のうなぎ料理

をいただき、勉強、研修、親睦の会として今回で11回目になります。

今回は足を伸ばし風情豊かな京都にて、お店は まえはら さんです。

京都っていいますと薄味のイメージがありましたが、意外としっかりと

あたりが付いていました。チーズと合わせたり、湯引きにしたり、

上品な料理に感動しまくり。斬新な組合せは大いに勉強になりました。

まえはらさん ありがとうございました。

参加したメンバーの皆さんも元気そうで何よりでした。

京都は、修学旅行以来ですが大通りからちょっと外れると閑静な佇まい

格子戸の家が軒を連ねるいい街ですね。

今回は研修(仕事)で行きましたが、次はいつになるかわかりませんが、

のんびり観光で行ってみたいです。

今回はクルマで行ったので、浜松の仲間2件と埼玉の小島家さんと私の

4人で2次会を浜松で。。まるで浜松部会みたい。。

さすがにノンストップで甲府ってわけにもいかず、中継地点の浜松で

一泊しました。

うなぎ業界に関しては、相変わらず不透明な要素が多いのですが

このような親睦会を通して、皆で結束を固めることができれば、

共水うなぎと私たち使い手の双方が繁栄発展できると思っています。

今回は共水会のお話しでした。

さて皆さん

晩秋から初冬にかけてのうなぎは、脂ののり、身の適度な締り感など

年間を通じて最もうなぎが美味しく召し上がれる時期になります。

この時期を逃しては、うなぎ通とは言えません。

ピンとひらめいてうなぎを食べたくなったら是非当店のうな重を!

スタッフ一同 こころよりお待ち申し上げております。

 

それでは また

 


タグ: 

コメントを行う


うなよし かばやきネット 山梨県甲斐市