浜松 共水会に参加しました

2013/01/25 雑記帳 by Unayoshi

うなよしファンの皆さま  こんにちは

日頃よりご高配賜り、誠にありがとうございます。

今日は、先日開催された浜松 共水会のおはなし。

共水会とは、皆さまご存知の共水うなぎを扱う全国30数件のうなぎ料理店の

店主の皆さんの親睦会のこと(山梨で言う無尽会)ですが、

東海地区を中心とした部会があります。 その名も浜松 共水会。

うなぎの本場浜松には、共水ブランドを扱う専門店が2件ほどあります。

その店のオーナーが中心として、東海地区で4件+甲信越1件の5人のメンバーに

共水片岡社長と飼料メーカーの担当の方と私の女房の計8名で盛大に?

浜松 共水会が開催されました。

甲信越から私に加え、女房まで参加するのは家賃が高いような気がしましたが

片岡社長と浜松のO氏の勧めもあって、思い切って参加することにしました。

浜松に着いてまず思ったのは暖かいな~って。 甲府盆地とは違うな~って。

加えてけっこうなお街でした。人口も50万とか。 これまた甲府盆地とは。。。

早速、三ヶ日のみかんプリンを買ったりして、浜松のO氏のもとへ片岡社長と

ウチら夫婦で訪問しました。 奥様が笑顔で迎えてくれました。

O氏のお店で食事と店内の見学をさせてもらいました。

メニュー構成や客室のレイアウトなど店の規模の似ている当店にとって、おおいに

参考になり勉強させて頂きました。 ありがとうございました。

100%共水うなぎを扱うO氏のお店、うな重の味わい深さはお墨付き。

サイドメニューのうなぎハムが超絶品。マジでうまかった。

ビールのお供に焼肉を頼んだのですが、これもまたなかなかの美味でした。

次に、浜松のI氏のお店におじゃましました。

I氏のお店では、浜名湖の天然うなぎと共水うなぎの2本立て。

おじゃまして、強烈に印象に残ったことは、I氏の素材へのこだわり。

うなぎから始まってわさびや塩、ビールにも氏のこだわりがたっぷり。

しかも、それぞれの素材の特徴をわかりやすく理路整然と解説してくれます。

甲府にも遊びに来てくれるみたいで楽しみにしております。

夕方からは、浜松中心部の居酒屋にて三重県のY氏、名古屋のK氏も加わって

共水会がはじまりました。

飼料メーカーさんより、シラスの状況、今後の展開等、片岡社長とともにミニ研修会

みたく説明をもらったあと、各地の話題を酒の肴に非常に楽しいひと時を過ごすことが

できました。

それぞれの地で繁栄することを誓い合っての解散となりました。

ありがとうございました。

次回は山梨で開催との声も聞こえてきました。

ウチで良ければ大歓迎ですよ!

共水うなぎの発展があってこそのメンバーの集まり  共水会。

メンバーの繁栄を糧に当店も精進したいと思います。

 

それでは また

 

 


タグ: 

コメント 2

  1. 保坂一輝 より:

    たくみの
    お父さんお母さん
    寒いですが
    がんばって
    美味しいうなぎを作ってください

  2. うなよし より:

    保坂君

    応援メッセージありがとうございます。

    おっちゃんもおばちゃんも
    とてもうれしく思っています。

    学校では
    匠がお世話になっております。

    もうすぐ6年生です。

    楽しい思い出を
    たくさん作ってほしいと思います。

    がんばってね。

    うなぎ屋のおっちゃんより

コメントを行う


うなよし かばやきネット 山梨県甲斐市