甲斐直心舘 聖心剣友会大会 ベスト8

2012/05/28 雑記帳 by Unayoshi

うなよしファンのみなさんこんにちは

日頃より、当店を可愛がっていただきまことにありがとうございます。

今回は剣道のおはなし。

先日行われた第60回聖心剣友会大会にて、ウチのセガレたちがお世話に

なっている甲斐直心舘道場では、中学生の部と小学生の部の2チームが

並み居る強豪道場の剣士たちを相手に参戦。

日頃の稽古の成果を試す良い機会になりました。

及ばずながらウチの倅たちも長男が中学生の部で副将で、次男も小学生の

部で同じく副将にて参戦しました。

結果は長男は表題のとおり、次男も3回戦進出となりました。

親としては、厳しくもなく易しくもなくストレートによくやってくれたと

思いました。

無論、セガレたちそれぞれに次戦への課題があると思いますがとりあえずは

おつかれさまでした。

自分たちがほんの少しでも強くなれたのは、鷹野先生を先頭にたくさんの

指導者の方々に稽古をつけてもらったこと、共に強くなってきたライバル剣士

たちの存在を忘れてはいけません。

自分たちが剣道ができることに感謝しながら、また一歩強くなって欲しいと

思います。

わたしなんか最近では、子供たちがうらやましく思ったりします。

立派な指導者の下、着実に進歩してますからね。

それに比べてわたしのゴルフなんて茶番もいいとこ。しかし、セガレたちも

頑張っていますからね。先日優勝した藤田選手も私と同じアラ4ですからね。

もっともそれぞれ私と比べたら失礼ってもんですね。。。

さてはて

明日もまた気合入れて焼きますよ!

活きのいいうなぎを揃えてお待ちしております!

それでは また

 


タグ: 

コメント 2

  1.  お世話になっております。
    甲斐直心館中学生の県大会団体ベスト8は2度目のような気もしますが、新チームになって小学生も中学生も意欲が見えた大会だったと思います。

     諏訪湖大会で見えた光明がさらにはっきりしてきたと感じました。ご子息は諏訪湖大会に参加されませんでしたので、今シーズン初の大会だったと思いますが、実力を存分に出し切ったと思います。

     お兄ちゃんは、正直申し上げて剣道の実力が上の相手にも試合で結果的に勝っていました。まだまだ自己流ですが、勝負勘はお父さん譲りでしょうか。さすがに健心舘との試合ではその実力差をひっくり返すには至りませんでしたが。基本をもっともっと体に叩き込みたいところです。

     弟さんは2戦2勝。やはり不思議な力を持っています。「不思議」とはいえ、実際には稽古の時に驚くほど冴えのある技を繰り出す時があり、「その才能をもっと努力して生かしてくれ!」と心の中で叫ぶ時があります。

     甲斐直心館の館生たちにもっともっと厳しい稽古をしてもらってもいいのかもしれませんね。私も中学生のころは北村先生に頭の中が真っ白になるまで掛かり稽古で鍛えられましたから。

     竜王中学校も甲斐直心館も試合に出るためには、一段の努力が必要な状態になってきました。この競争を楽しみながら、精進してほしいものです。子どもたちの背中を押してやってください。

      

  2. うなよし より:

    甲斐直心舘道場 様
    コメント頂き誠にありがとうございます。
    団体戦にて、貴道場が上位入賞の常連チームに
    名を連ねることが出来るように、これからも応援してゆく所存です。
    我が子のことを親バカ承知で申し上げますと
    長男は意外にも本番に強いタイプかもしれません。
    実力+@がもしかして試合でのモチベーションアップとともに
    発揮できる可能性があります。ただし日頃の稽古ではタラ~んと
    してしまうところがあるはずです。
    次男は負けたらペナルティ(ex腕立て100回とか)があると
    もしかしたらスイッチオンかもしれません。
    ただ、ウルトラマンみたく持続性がイマイチなのが難点です。
    私の個人的な意見ですが、稽古を重ね実力をつけることが一番大切
    ですが、やがては甲斐直心舘の舘生であることのオーラといいますか
    言葉が適当でないでしょうが、直心舘生のニオイをプンプンさせて
    試合会場に乗り込めるようなカラーが染み付いていければ
    最高ですね。

    いろいろと個性がありますが
    元気に稽古や部活に参加しておりますので
    これからもご指導の程、よろしくお願いします。

コメントを行う


うなよし かばやきネット 山梨県甲斐市